FC2ブログ

表現力とは何か

最近の映像は高画質化し、3Dが普及。
文章も、情景を事細かく解説する傾向。



うんざりする。

情報量が多く、処理し切れず疲れる。


敢えて言う。

映像は言葉を想起させ、文章は情景を想起さす。
高精細は想起の束縛で、作者の自己満足。
束縛は殺風景だ。想起を忘れ、飽きさす。


こう考える。

観せ過ぎは目を背かれ、チラ観せが興奮する。
絵や詩はその点優れ、想像する楽しみがある。


表現力とは何か。

丸裸に成るのが表現する事ではない。
内に秘めた思いを表層に滲み出す事。



近頃は恥じらいを忘れ勝ち。気を付けたい。
スポンサーサイト



職人とは何か

地層で濾過された名山系自然水。
造酒には欠かせないが、ある市がPRの為、名水として売り出す。



呆れた。

地産の名酒があるだろう。
水を売ったら酒はどうする。


聞こえる。

『酒で勝負出来ず、水を売り出したか』
『職人としてのプライドはないのか』
『水だったら余所でも汲める』


まるで。

自然の恵みを無尽蔵に汲み上げ、金にする。
石油を糧に生きる何処かの富豪さながら。


職人とは何か。

より良く生きる為に、自然物から創造する事。
彼らの御蔭で生活が成り立つ。


しかし。

自然物で換金する行為は、臓器売買に同じ。



職人消失が先か、環境破壊が先か、はてさて。

集中力とは何か

集中力を鍛える事は重要であると一般的に言われている。
本当にそうなのか、私は疑問を抱く。



集中力とは、注意の範囲を狭め一点に集める能力を言う。

だが、裏を返せば、周りが観えていないと言う事だ。

例えば、試合中のコーチのアドバイスや観客席の応援、仲間の声掛けが心に届かない等。

剣豪は闘いの最中、鳥の囀り、花の香り、川のせせらぎを感じ取ると言う。

つまり、内気を鍛えても高が知れている。外気が無限力を生むのだ。

昔は子供部屋で勉強させたが、最近は居間で勉強する者が増えた。

雑踏の中で生活した方がより自然的なのだ。

いや、自然とは本来そうした物だ。

四方八方に注意を向けなければ、生き延びる事が出来ないのが自然界。

注意力は散漫な方が良いのである。



今の政治家は内輪揉めに忙しく、民衆の声が、世界情勢が解らない。
渋躊力の為せる技だ。

人とは何か

ある者が不祥事を起こし、記者会見を開いた。

深々と頭を下げ、粛々と謝罪する。
長時間の質疑は真摯に応答し、会見を終える。


専門家が言う。

>まるで、何かを演じているかの様だ。
>瞬きの回数が多いので、彼は嘘を吐いている。
>単語数が、謝罪時と質疑応答時で違うので。

……


私は嫌悪感を抱いた。

誰もが、先入観に囚われ、物差しで推し量り、決め付け、判断している。


それで何が解る。

人間とは奥深く、表層だけが全てではない。
しかも、複雑な様相を呈する。


想像力を働かせよ。

確認出来ないから、存立しないとは言えない。
深層に潜る事で、得られる物がある。


人とは何か。

威風堂堂と存在する大海原だ。



驕り高ぶってはいけない。
必ず苦い思いをするだろう。

家族とは何か

かつては、夫が稼ぎ、妻は家事が当たり前だった。


家電が普及すると夫が妻を労い、洗濯機や冷蔵庫、電子ジャーを贈った。

妻は喜んだが、生き甲斐を見失い、夫の手助けと称して外に出た。

家事が疎かに成ると、レトルトや冷凍、出来合いで済ませ、夫は外食が多く成り、家庭を顧みなく成った。

妻は夫を馬鹿にし、夫は羽目を外す。

共働きが続くと育児を放棄し、学校に丸投げしたが、手持ち無沙汰から過剰要求し、不満を解消。

稼げなく成ると、子供を諦め結婚を躊躇し、独身者が増えた。

劣悪な環境で育った子供は、憎しみを覚え犯罪を侵し、人生に疲れ果て孤独死した。




家族とは何か。

私は社会の縮図だと観る。


家庭崩壊した今、日本は危機的状況にある。
今一度、家族の在様を鑑みる時ではないだろうか。

食とは何か

行列があると、並びたく成るのが民衆だろう。

長時間待たされば、美味しく感じる筈である。

三ツ星等と、兎角人は評判に左右されやすい。

だが、此処は美味、彼処は不味いと好き勝手。

煩い割には、自ら料理をしない者が実に多い。

挙げ句の果てには、料理評論家と名乗る始末。

究極料理を求めても、この世に存在し得ない。

人の味覚は十人十色で、統一出来る訳がない。

食の基本は、お袋が作る家庭料理から始まる。

料亭やスーパー等に、自分が求める食はない。

何時しか人は、家庭料理を捨て外食に走った。

他人任せで傲慢で、蜘蛛の子散らし去る民衆。

一身独立、一国独立。福沢諭吉が泣いている。
プロフィール

カズラキー

Author:カズラキー

No.2

なすこともなく物さびしげな毎日を送ると、魂は退化するだろう。

さぁ!創めよう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR