FC2ブログ

personal computer

ガラケー新機種、なぜまだ発売?スマホへの買い替えへの意外な障害とは?タブレット併用策も Business Journal 2014.06.29



富士通のガラケー新機種「F-07F」。二つ折りボディの伝統を受け継いでいる

スマートフォン(スマホ)は携帯電話の世界的な潮流ではあるが、フィーチャーフォン、いわゆるガラケーの新機種も毎年、地道に発売されている。例えば、NTTドコモは昨年、パナソニックと日本電気(NEC)の端末を発売し、今年の夏はシャープと富士通の新機種を発売する。今後も毎年、2メーカーが登場するサイクルが続いていきそうだ。

ガラケーメーカー関係者によれば、「ガラケー利用者は、スマホ利用者と比較すると買い替えサイクルが長いため、特定メーカーが2年に1度しかモデルチェンジをしなくても、十分にユーザーニーズに応えられる」という。現在、ガラケーの買い替えサイクルは4~6年が一般的だという。スマホは1~2年で買い替えられるといわれているのと比べると、大きく違うことがわかる。

これらのガラケー新機種は、ドラスティックに機能アップしているわけではないのだが、やはり新機種でないと、ユーザーの購買意欲を獲得できないのだそうだ。


シャープの新機種「SH-07F」
●買い替えサイクルの長いガラケーユーザー

日本におけるAndroid端末の火付け役になった初代「Xperia」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)が登場したのは、2010年の4月10日。初代「iPhone」(アップル)の登場は07年のことだが、日本国内で販売されるようになったのは「iPhone 3G」からで、08年のことだ。もちろん、「iPhone」発売当初から使用している人もいるだろうが、一般消費者にスマホブームが起こったのは、やはり「Xperia」の登場からだろう。

たった4年前のことではあるが、この4年間のスマホ業界の動き、端末の進化は激しかった。かつてのAndroid端末の使い心地は決して良くはなかったが、今では画面が広くバッテリ駆動時間も長くなり、操作も快適になった。FacebookやTwitter、LINEなどのSNSもスマホでの利用が一般的になった。

そんなスマホの進化を見ながらも、「やはり、電話とメールさえできればいい」という人は少なからず存在する。そして、コミュニケーションを取るために、新しい手段をマスターするのが面倒だという人も多い。そのような人々がスマホに飛びつかず、ガラケーを使い続けた。

そして、スマホの普及が進んだとよくいわれるが、スマホブーム爆発から現在までの期間は4年、iPhoneの登場からでも6年だ。ガラケーユーザーの買い替えサイクルから考えれば、スマホブームは静観してガラケーを使い続けていることが十分にできる。しかし、さすがにずっと同じ機種を使い続けることは難しいので、メーカーは買い替え需要のために新機種を発表し続ける必要があるわけだ。

●スマホの進化とガラケーユーザーが求める方向性

そして、ガラケーユーザーが今、スマホに買い替えようと考える場合、ちょっとショックを受けることになる。それはスマホのバッテリ駆動時間が短いなどの問題だけではなく、そのサイズにある。

最近のスマホはディスプレイが肥大化の一途をたどっている。スマホの中では小型の部類に入るiPhoneでもiPhone 5からディスプレイが大型化したが、Android端末にいたっては、その主力機はほぼ5インチ以上のサイズのディスプレイを搭載しているため、気軽にポケットに入れて持ち歩くのが難しい。その大きさを嫌ってガラケーを使い続ける人が多いのもよくわかる。


シャープのスマホ新機種「SH-04F」は5.4インチディスプレイ搭載

最近では電車に乗ると、スマホを操作している人を非常に多く見かける。しかし、これは東京限定の話で、地方はガラケーのほうがいいという人が多いようだ。

また、インターネットやアプリを使うには、スマホではなくタブレットという選択肢もある。最近では、通話はガラケー、ネットなどはタブレットと、使い分けている人も増えている。ネットを使うには画面の大きなタブレットは使い勝手がよく、ガラケーは通話料が安いため、使い分ければ効率的だ。

このような理由によってガラケーニーズは支えられ、一部の層はガラケーを買い続けている。

しかし、アップルが自動車のスマホ対応システム「CarPlay」を発売し、それに対抗してAndroid陣営も「android auto」を発表するなど自動車とスマホを連動させる動きは加速している。また、ホームオートメーション【編註:住宅の全自動化】のキーデバイスとして、今後さらに活用の場が広がれば、ガラケーを使い続けていた人もスマホを選択せざるを得ないようになるかもしれない。

(文=一条真人/ITライター)



嘗ての私はPC-9801RA21、PC-PR101GSと合わせ、5・60万する5インチFDDパソコンを所持するお宅の走り、
専門学校では事務処理用プログラミング言語COBOLを専攻、PCといえばNECのメーカ互換性なしMS-DOS。

就職後に大手がインターネットを始め、御社もWindows3・1PC2台を試験導入、という時代であったが、
オペレータ希望の私はプログラマ要求する上司に意見書(無知の無、成果主義)で反発、システムエンジニアの先輩驚愕も中退。

NCワイヤ放電加工機H-CUT203M、プログラミングオペレートや各種工作機で、日立電線加工治具製作、
念願のWindows95搭載Prius310H16E諸々を20万で購入するも、エラー表示にプラグを引き抜く荒業で壊す。

京セラピッチに、J-PHONE、vodafone、Softbankと使い続けたSHARP携帯は13年、
因果応報、JX日鉱日石金属でハードディスクターゲット旋盤加工勤務も、敢えなく屑鉄だ。

パケ詰まりやWJエラー、レスポンス不正やクローラ呼ばわり、ブラックアウトもガラケーを使い続けたが遂に限界、
iPadAir Wi-Fi+Cellularモデルとガラケーの2台持ちを検討するに至る。

Androidよりセキュリティ面で勝り、ローン終わりやAir2(仮称)が10月に迫れば、
光を下回る、手軽なインターネットライフをタブレットに求めるのも、無理からぬこと。


今更ながら、apple純正Bluetoothキーボードを繋ぎ、MacBook並みに持ち歩きしたいなぁッ・・・
スポンサーサイト



サクラマスはなぜ遡上するのか

サケ科は元来海で回遊、川に遡上し産卵するという習性を持っていた。

地殻変動や氷河期、地球温暖化により、河川下流部の水温が上昇すると、海に降らず、水温の低い上流部に留まる個体が現れる。

ヤマメもサケ同様、回遊遡上し産卵していたが、留まる物も現れた。これを陸封型といい、海に降るのを降海型という。

降海型は大きく成長するため、強い個体が海に降るのかと思いきや、成長の良い個体ほど川に留まり、逆に成長が悪い個体ほど海に降りる。

初期は雄の方が早く成長するため、縄張りを持てなかった弱い雌が海に降る傾向が強い。

ヤマメは陸封型、降海型がサクラマス。生まれた時は同じ魚で、ヤマメは若魚の特徴を残したまま成熟する。

イワナは陸封型、降海型はアメマス。ニジマスは陸封型、降海型はスチールヘッド。

湖に降る物もいて、例えばアマゴ、琵琶湖に降りたものがビワマス。イワナは湖に降りてもイワナである。

泳げるとは何か

犬掻きなら出来ます
を泳げると言えるか

川はいいが海はだめ
を泳げると言えるか

水難救助は無理です
を泳げると言えるか

身代わりに亡くなる
を泳げると言えるか

金槌でも命拾いした
を泳げると言えるか
プロフィール

カズラキー

Author:カズラキー

No.2

なすこともなく物さびしげな毎日を送ると、魂は退化するだろう。

さぁ!創めよう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR