FC2ブログ

陽から陰へ

横に並んだ左端に着いた私は、かの顔を確認できました。
左をみると大小2つ影があり、こちらを向いております。
その場から立ち去ろうと1人、私に振り向き声を発した。
その者に導かれここまできた。黒い戸板状のそれが4つ、
覆い屋根の元2つに別れた影。左影戸板のさらに左から、
真っ赤に燃えた夕陽が差した。振り返った先に待つ一行、
今思えば私は8番目であった…顔を照らす西日が印象的…

一方の光が差す太陽の時代から
多方の光が集う太陰の時代です
往く者は追わず来る者は拒まず


; 関連記事
日本に民主主義が根付かない理由

スポンサーサイト



お知らせ 5

mono space 携帯無料レンタルHPホームページスペース様へ
移植したClimb wELLパソコン版に合雲語をオープンしました
アドレスはhttp://climbwell.10.tool.ms/1/ です。
プロフィール

カズラキー

Author:カズラキー

No.2

なすこともなく物さびしげな毎日を送ると、魂は退化するだろう。

さぁ!創めよう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR